認証商品

おもいやり災害食認証制度とは?

被災地で生活する人々の健康をおもいやり、食品の栄養、食形態に配慮した災害食を認証する制度で、対象とする項目は次の4つです。

①低たんぱく質

②特定原材料等〇〇品目中××品目不使用

③性状・形状調整

④水分・電解質補給サポート

認証番号・認証マーク

この認証制度は、健康被害を低減するための備蓄の推進、災害発生後の迅速な被災地支援を促進するとともに、災害食の開発に取り組む企業を応援します。

「災害食」とは?

おもいやり災害食認証制度における「災害食」とは、日本災害食学会が実施する日本災害食認証制度の認証基準における災害食の定義に拠るものとします。
また、この認証制度に申請するには、日本災害食学会による日本災害食認証制度の認証を受けている必要があります。

対象項目の認証基準(概略)

認証対象とする4つの項目の認証基準(概略)は次のとおりです。
※認証基準の詳細は「おもいやり災害食認証制度実施要領」をご覧下さい。

1.低たんぱく質
商品のたんぱく質含量が通常の同種の商品の含量の50%以下であること。

2.特定原材料等〇〇品目中××品目不使用
消費者庁の「食品表示基準」で定める特定原材料及び特定原材料に準ずるもの27品目のうち1品目以上を使用せずに製造等した食品であること。

3.性状・形状調整
次のいずれかの表示が認められていること。
(1)日本介護食品協議会のユニバーサルデザインフードロゴマーク
(2)消費者庁のえん下困難者用食品に係る特別用途食品
(3)農林水産省のスマイルケア食の黄マーク

4.水分・電解質補給サポート
高齢者、小児等の水分・電解質の補給をサポートするものであり、以下の全てに当てはまること。
(1)商品100g又は100ml当たり食塩相当量として0.1g以上、1.5g以下(ナトリウムイオンとして40mg以上590mg以下)を含有する飲料、おかゆ及びそれに準ずる性状であること。
(2)電解質の組成は、別表の下限値以上であること、又は消費者庁より病者用食品に係る特別用途食品のうち、水分・電解質補給ができる旨を表示することを許可されていること。


【別表 電解質組成】
電解質 Na⁺ K⁺ Cl⁻ 塩基※
濃度 単位 mEq/l 又は
mEq/kg
mEq/l 又は
mEq/kg
mEq/l 又は
mEq/kg
mEq/l又は
mEq/kg
下限 60 15 50 25

※塩基とは、クエン酸イオン、乳酸イオン、酢酸イオン等を指す。

申請者

申請者は、協議会の会員又は会員となる見込みのある者とします。ただし、会員となる見込みのある者は、認証されるまでに会員になるものとします。

認証期間

2年間(更新により2年ずつ延長)

費用

種類 金額(消費税別) 支払時期 その他
認証制度登録料 免除
認証マーク使用料 認証商品1点あたり1万円 初回の認証通知時及び更新時
(2年毎)
健康ビジネス協議会は、認証商品点数を「認証の更新に係る届出書(別記様式第3号)」により把握するものとする。


申請手続

申請を検討する事業者の方は、実施要領・手引きをよくお読みの上、認証申請を行ってください。

認証申請の手続きフローチャートに従ってご申請ください。


申請の際は、以下より申請書類をダウンロードし、メールにてお送りいただいた後、押印した申請書(正本1部、副本2部)を郵送してください。


  • 様式等の名称
  • ダウンロード

申請

  • その他、共通の添付資料
  • 各社適宜ご用意ください
  • 申請する商品の対象項目別に必要な書類
  • 各社適宜ご用意ください

マーク使用

  • 関係資料
  • 必要に応じて各社適宜ご用意ください

更新

  • その他、共通の添付資料
  • 各社適宜ご用意ください
  • 申請する商品の対象項目別に必要な書類
  • 各社適宜ご用意ください

変更

  • その他、関係資料
  • 各社適宜ご用意ください

辞退


送付する際はメールの件名は「【企業名】(申請区分)おもいやり災害食」として事務局へお送りください。

◆一般社団法人健康ビジネス協議会 事務局 kenbi-omoiyari@freeml.com