認証商品

高圧加工食品認証制度とは?

下記①~③のいずれかの作用による食品の高付加価値化を目的に、製造過程において、食品や原材料に対し、高圧加工処理した食品を認証する制度です。

①微生物制御

②食品成分の変化

③物性変化

この認証制度は、消費者の健康維持・増進を応援するとともに、高圧技術の普及による健康関連産業の振興を目的としています。

認証番号・認証マーク

「高圧加工」とは?

高圧加工食品認証制度における「高圧加工」とは、食品や原材料に対し、密閉容器内で常圧より高い水圧を加えて加工処理することをいいます。
加熱処理とは異なり、熱による変性が起きず、容器内のすべての場所で均一に圧力がかかることが特徴です。産業利用は始まったばかりですが、利用用途が幅広く、大きな可能性を持っています。

高圧処理と加熱処理の比較

高圧加工の一例として、果物を使ったジャム作りにおける「高圧処理」と「加熱処理」の違いをご紹介いたします。


高圧処理は、加熱処理に比べて原料に近い色や香りを保ったジャムをつくることができます。また、圧力は瞬時に均一に伝わるため、調理にムラがなく、短時間での処理が可能です。

申請者

申請者は、協議会の会員又は会員となる見込みのある者とします。ただし、会員となる見込みのある者は、認証されるまでに会員になるものとします。

認証期間

2年間(更新により2年ずつ延長)

費用

種類 金額(消費税別) 支払時期 その他
認証制度登録料 1社あたり・大企業5万円
中小企業 2万円
初回の認証通知時
認証マーク使用料 認証商品1点あたり1万円 初回の認証通知時及び更新時
(2年毎)
健康ビジネス協議会は、認証商品点数を「認証の更新に係る届出書(別記様式第3号)」により把握するものとする。


申請手続

申請を検討する事業者の方は、実施要領・手引きをよくお読みの上、認証申請を行ってください。

認証申請の手続きフローチャートに従ってご申請ください。


申請の際は、以下より申請書類をダウンロードし、メールにてお送りいただいた後、押印した申請書(正本1部、副本2部)を郵送してください。


  • 様式等の名称
  • ダウンロード

申請

  • その他、補足説明資料
  • 各社適宜ご用意ください
  • <食材に高圧加工を施す場合>一括表示の原材料に関して、最終商品に占める当該食材の使用割合(配合ベース)の算出根拠が分かる資料
  • 各社適宜ご用意ください

マーク使用

  • 関係資料
  • 各社適宜ご用意ください

更新

  • その他、補足説明資料
  • 各社適宜ご用意ください

変更

  • その他、関係資料
  • 各社適宜ご用意ください

辞退


送付する際はメールの件名は「【企業名】(申請区分)高圧加工食品」として事務局へお送りください。

◆一般社団法人健康ビジネス協議会 事務局 kenbi-kouatsu@freeml.com